忙しい人ほど心に留めておきたい”言葉の4つの門”

02-25-2021

みなさんこんにちはヨガセラピストのMAKIです

最近少し忙しかったり、ちょっと疲れていたりして、勤め先の同僚に対し配慮のない言葉を伝えてしまいました。
とても後悔しました。(謝ったら許してくれる同僚で救われました。)

そこで ”言葉の4つの門” の話を思い出しました。
RYT200のヨガインストラクター養成トレーニングで先生に教えてもらったお話です。

思っていることや頭にあることをを言葉に出す前に、その言葉を4つの門に潜らせてみよう。
4つ全ての門を通過することができたなら、その言葉は伝えるべき言葉で、相手にもちゃんと伝わるはず。

言葉の4つの門
1.それは真実に基づいているか
2.伝える必要性はあるか
3.伝えるタイミングは適切か
4.伝える方法や言い方は適切か


疲れてるから、忙しいからはこちら側の都合。
相手には関係ありません。一度出てしまった言葉は、もう元には戻りません。
言葉の4つ門、忙しい時や疲れている時こそ思い出せるよう、心に留めておきたいです。

By AHIMASA

関連記事

紀南新聞さんに取材いただきました

紀南新聞さんに取材いただきました

紀南新聞さん6/19太陽礼拝ワークショップの模様を取材していただきました。 太陽礼拝をは、太陽に感謝することを通して”当たり前だと思ってしまってものへ改めて感謝する” お伝えしたかったことを全て記事にしていただき、感謝感謝です。...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Pin It on Pinterest

Share This